ダイエット成功で体調の改善を図る

太ももの裏側に鋭い痛みが走る坐骨神経痛!
経験ありますか?
僕は座椅子とかに座っている時に膝を曲げて姿勢を悪くしていると次の日にピキッ!と電撃痛と呼ばれる痛みが走る事があります。

今日は何度かこの鋭い痛みが走っていてちょっと大変です(汗)
何の前触れも無く…
ピキッ!!と痛むので
仕事をしていて急に「おおう!」なんて声が出てしまって
周りから変な目で見られたり(笑)
僕は今のところ、どうにかなっていますけど
集中してやらないといけない繊細な作業を求められる人がこの神経痛を患ってしまうと大変だろうな…と思っちゃうくらいに
急に激痛が走ります(汗)
悪い姿勢には要注意ですね。
そして、こういうのは体重も大きく関わってくる要因の一つです。
まずはダイエットをしないと…と思い、糖質制限ダイエットをしてみようと思います。
ただ、糖質制限の難点って何を食べたらいいのかわからないところ。
なので、僕は糖質スリムを頼ろうと思っています!
これを食事に置き換える事で、栄養もしっかり取れて糖質を抑えることができるんです。
まさに!糖質制限ダイエットの味方、ということですね。

http://www.r-youandi.com/

うつ病で障害年金はもらえる?

障害年金の定義は、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合にもらえる給付金です。病名までの指定はありません。何かの出来事で片腕を切断することになったり、下肢が糖尿病などが原因で切断することになったとなれば、もちろん障害年金の支給要件に該当する可能性は高い(というより支給になるでしょう)ですが、精神疾患でもらうことはできるのでしょうか。答えは、ズバリもらえることがあるです。
日常生活に支障が出ている場合は、公的機関から何かしらかの補助を受けることが可能です。特にそれが自分の怠慢というわけではなく病気でというのであればなおのことです。ここで救われなければ何が公的制度でしょう。
しかし、申請が難しいのも現状です。前に書いたような切断せざるをしなくてはいけなくなったというのであれば、目に見えてわかる症状ですので、他の人ももらって納得となるとは思いますが、精神疾患特にうつ病、その中でも今流行っている、自分の意欲のあることには積極的で、それ以外には無関心というようなものになると素人目では判断はできません。
本人としては、日常生活に支障が出ているという自覚症状があるとは思いますので、医師と相談し障害年金を請求してみるといいかもしれません。障害年金を受け取れば生活が楽になるよ。