一体いつまで葉酸を摂取するべき?

実際に妊娠してから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。

例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも問題ないでしょう。とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。葉酸は体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。その理由は、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。

言うまでもありませんが、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中には十分に葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。

いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。結婚して3年目くらいまでは、基礎体温でタイミングを見計らっても、授かることができず、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことにそう時間をおかず妊娠することができました。悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。

不妊かなと思ったときには、基礎体温計測から始めてみましょう。平均体温と基礎体温は違います。基礎体温を見ると体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。基礎体温表は5分もあればつけられますが、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」というお約束がありますから、きちんと守っていくことが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。

妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。例えば、葉酸です。

妊活中の時から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に掲載されていました。どうやら、葉酸は赤ちゃんが大きくなるために必要不可欠な栄養素だと書いてありました。ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合は葉酸サプリにサポートしてもらうのも良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。

ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスが整っていくのです。

「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。軽い運動は新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。

こうした運動は崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。

妊活中には食事の内容にも気を配りますが、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。これらはノンカフェインなので、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。

中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できると言われていますので、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。葉酸は、胎児の正常な発達に働きかけるため、妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる栄養素のひとつであると知られています。
ですが、体調が悪い時には、食事で葉酸を補給するのも難しい時もありますよね。

そうした場合、無理な食事は厳禁です。葉酸の摂取はサプリ等の栄養補助食品を利用することで不足しがちな葉酸もちゃんと摂取できるという訳ですね。

葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段の食事から摂取する以外にもサプリを利用するのが、最もポピュラーですね。しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。

多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。

しかし、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても必要不可欠な栄養素です。なので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。葉酸は、ビタミンBの一種で、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。また、流産といった危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠の初期の段階で400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても大丈夫です。

ララリパブリック 葉酸サプリ 楽天