鹿児島の富士山、ファーストインプレッションの重要性

鹿児島の富士って言われる富士山がありますそれは鹿児島県の薩摩半島の南端にある開聞岳になります。

 

開聞岳って言うと開くに効くと書きますが関東に住んでいるとよく知らないのですが見るところから見ると本当にきれいな円錐形の形からさつまふじとも呼ばれています。

 

ちなみにこの開聞岳は1番鹿児島の南の鹿児島湾の両脇にある半島つまり大隅半島と薩摩半島になるのですが左側の薩摩半島の南端にその開聞岳は存在します。

 

そんなところにあるので海上の目印の海門と言う意味も合わせて開聞岳と言うようです。

 

ちなみに開聞岳は富士山のような形をしていますか実際の高さは924メーターとなっていておおよそ京都の比叡山と同じ位の高度となっています。

 

みかけが、富士山のようで、ファーストインプレッションは最高です。

 

変な話ですが、パット見がいいので、薩摩の富士山ということで有名になっています。

 

やっぱり、山も人もファーストインプレッションは重要だなと思う次第です。

 

さて、というわけで、わたしは自分のみかけのファーストインプレッションを最近重要視しています。

 

とくに、いまは足をいかに細くみせるかに重点をおいています。

 

特徴は、キュッと引き締まる着圧と、黒ということで引き締まる色合いも持っていてダブルでわたしのファーストインプレッションをあげてくれているとおもいます。

 

 

>>ファーストインプレッションのために使えるプロフェッショナルスレンダーメイクレギンスとは?