猫がアレルギーになりやすい食べ物

もしかしたら猫を飼っている方は、キャットフードのアレルギーについて気になっているのではないでしょうか。
猫には食べるものによってアレルギーになりやすかったり、腎臓疾患になりやすかったりするそうです。

猫にとって不自然な食べ物になりやすいのが、牛肉や魚でした。
日本ではキャットフードに魚を使うことは普通ですし、猫缶には必ずと言っていいほどシーチキンが使われています。
牛肉を使ったキャットフードは少ないようですが、魚は一般的に食べさせるもののため、アレルギーになりやすいことは注意が必要です。
肉の中でも比較的アレルギーになりにくいのがラム肉だといわれています。
猫にラム肉を食べさせる機会は少ないのですが、最近のプレミアムフードでも使われていることがあります。
高級なキャットフードを比較してみると、ラム肉を使ったものも選べるでしょう。
気になるのが魚を使ったキャットフードかもしれません。
猫によっては白身魚がダメという子もいれば、サーモンがダメという子もいます。
猫によってもアレルギーになりやすさは変わってくるようなので、一概にどの魚がダメとはいいきれません。
そしてもう一つ猫の高たんぱく試食と腎臓病の関係性も注意したいところです。
高たんぱくになると猫の腎臓に負担をかけるそうですが、必ずしもすべての猫に高たんぱく質がダメというわけではないようです。