野菜不足によるカラダへ与える影響

いろいろな野菜が作られ、食べられる日本。
なのに、今の日本人は慢性的に野菜不足に陥っていると言われています。

その野菜不足からくるカラダへの影響について紹介します。

慢性的な野菜不足は生活習慣病に分類される病気になりやすいです。
野菜不足によりカラダに大切なビタミン、カルシウム、鉄分、ミネラルや食物繊維等の不足になります。
そうすると、血流が悪くなり血液がドロドロになったり、
肌荒れや便秘、肩こりや高血圧、動脈硬化にもなってしまいます。
また、その他痛風や糖尿病を引き起こしたり、高カロリー中心の食事による肥満、高血圧につながってしまいます。
どうしても味の濃い食事や脂っこい食事が好まれ、野菜は敬遠されがち。
普段から意識して食べるように心がけましょう。
でも、意識してもバランス良い栄養素摂取は難しいもの。
そんなときは、サプリメントや青汁を並行して摂取するのも効果的です。

生活習慣病で手遅れとなる前に、食生活の改善を!

 

激ウマ青汁「ハッピーマジック」で野菜不足を解消しよう!