平均体温が低いかもしれません

皆さんは自分の平均体温が、何度なのか知っていますか? 実は体温と健康や美容には、大きな関係があって、体温が1℃上がるだけでも、大きなメリットがあります。特に冷え性の人は、平均体温が低すぎるかもしれません。

最近は温活というのが流行っているように、自分の体温を気にする人が増えています。私も年令と共に、体の調子が悪い場所が増えて、温活に興味を持ち始めました。

温活を行う上で、まず知っておきたいのが、自分の平均体温です。日本人の平均体温は、36.6~37.2℃くらいなんだそうです。私の平均体温は36.5℃だったので、平均よりもやや低めになっていることが分かりました。

実は人間というのは、年を取るほど体温は、上がりにくくなるそうです。例えば風邪を引いたときなんかも、高齢者だと余り熱が出ないこともあります。だからこそ年を取ってきたら、積極的に温活に取り組む意味があるのです。

冷えは万病の元という言葉があるように、冷えは様々な症状が現れます。ネットで検索しても、冷えにより免疫力の低下、肥満、むくみ、不妊、生理不順、肩こり、頭痛など、いろいろな症状が出てきます。

冷えと言うと冬はつらいが、夏は大丈夫だと思っている方も、多いのではないでしょうか。ところが専門家に言わせれば、冬よりも夏のほうが冷えには注意したほうがいいと言います。

それというのも、冬は寒いので自分で意識して、体を温めようとします。しかし逆に夏は暑いので、わざと体温を下げるような行動をします。冷たい物を飲み食いしたり、冷房に当たりすぎたりなど、冷えを悪化させる要因はむしろ、夏のほうが多いんですよ。だから夏こそ、温活に力を入れなければなりません。

温活の基本は、まず体の熱をなるべく逃さないことです。それには、お腹を温めるのが、一番効率的です。お腹は内臓が集まっており、生命維持に大切な器官が集まっています。そのためお腹を温めて、内臓の働きを鈍らせないようにして下さい。

また人間の体の中で、熱が逃げやすい場所として、首・手首・足首があります。この3箇所は血管が体の表面にあるので、特に熱が逃げやすい場所です。この3箇所をカバーするだけで、かなり体が温まります。

そしてもうひとつ温活として重要なのは、血行を良くしてあげることです。それにはショウガやニラ、ネギ類、ニンジンなどの根菜類を食べると、いいようです。

しかし最近の野菜はハウス栽培などが増えて、栄養価がかなり落ちてきています。ですからしっかり体を温める成分を補給するなら、おひさまのおめぐ実などの温活サプリを飲むのも、有効な手段です。

私も、おひさまのおめぐ実という温活サプリを飲んでいますが、体の中から温まってくるのが、実感できます。やはり血行を良くすることが、冷えの解消には効果があるんですね。

おひさまのおめぐ実のお試しなら初回特別価格で購入できます!