疲労回復には何をするのがいいのか?

その日の疲れは、その日のうちに取るのが、健康を保つ秘訣と言えます。しかし年を取るごとに、疲労が回復しにくくなってくるものです。そこで疲労回復に何かいい方法がないかを、調べてみました。

疲労というのは、年齢に関係なく、誰もが感じるものです。しかし殆どの場合は、睡眠を取るなど体を休めることで、回復するのが普通です。疲労が回復しないというのは、何か体に異常があるのかもしれません。

しかし中には睡眠不足など、十分に体を休めることができなくて、疲労が回復しないという人も、いるかもしれません。これは働き盛りの中高年層に多いタイプで、仕事などが忙しくて、休む時間が取れない人です。

疲労回復に一番有効とされているのは、やはり睡眠を十分に取ることなのです。1日に6~8時間くらいは、睡眠時間を摂りたいものです。これより睡眠時間が短い人は、睡眠不足が原因で疲労が回復していないと、思っていでしょう。

そして睡眠の次に大事なのは、栄養のバランスです。ビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養をバランス良く、摂取することが大事です。

また暴飲暴食や消化の悪いものを食べていると、内蔵に負担がかかり疲労していることがあります。栄養のバランスだけでなく、消化・吸収の良いものを食べることも、疲労回復には大事なポイントです。

一人暮らしなどで、どうしても栄養が偏りがちの人は、健康食品で足りない栄養を補給してもいいです。私もいくつか健康食品を試して、高麗紅参精タブレットGOLDの効果が、一番高かったように思います。高麗紅参は漢方薬にも使われている成分で、疲労回復にはかなりの効果が期待できます。

ここまで話してきた睡眠や食事というのは、自分の努力次第で何とかなると思います。しかし疲労で厄介なのは、精神的なストレスが原因となるものです。例えば睡眠にしても、時間は十分に取っているものの、精神的なストレスでぐっすり眠れないといった場合です。

ストレスを解消するにも、色々な方法がありますが、効果が高いのは自然と触れ合うことです。近くに森林浴ができる場所があれば、積極的に出かけてみて下さい。

近くに森林浴ができる場所がなければ、画像や音声などを見聞きするだけでも、リラックス効果があるという研究もあります。最近はリラクゼーション用のCDなども、売られているので、そういった物を活用してもいいですね。

ストレスが軽減してくれば、自然と体がリラックスして、疲労感が軽減してくることもあります。

後は運動不足も、疲労の原因となることがあります。疲労感があると、なかなか運動をする気が起きないかもしれません。しかしヨガやストレッチでいいので、体を動かしてみてください。