歯磨き粉は商品によって全然違う?

歯磨き粉と一口に言っても色々な会社からたくさんの歯磨き粉が出ていますよね?

歯磨き粉によってそんなに効果が変わるのか?と疑問に持つ方も中に入るかもしれません。

中には「使用感がいいから」という理由で選んでいる方もいます。

実は歯磨き粉は種類によって効果が全然違うんですよ!

まず1つは「ホワイトニング力」

この効果を謳っているほとんどの歯磨き粉には研磨剤が配合されています。

これは、歯のエナメル層を削ることで「歯の黄ばみ成分も削る」のです。

歯を削ることに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、ゴシゴシ力を入れて歯を磨いたり、何時間も磨いているようなことをしなければ害はないと言っても良いです。

2つ目は口臭・ネバつき

口臭もネバつきも諸悪の根源は「細菌」です。

そのため、これらの効果を謳ってる商品は殺菌力が高い歯磨き粉です。

口内は、良い働きをする細菌もいるため、あまり強い殺菌力を持っている歯磨き粉は注意が必要。

3つ目は歯周病予防

歯周病を予防する効果がある歯磨き粉です。

特に炎症を抑える成分が配合されていることが多いです。

消炎作用のある成分は、植物由来のものもありますが、植物由来の歯磨き粉は総じて価格が高い傾向があります。

これらのうちどの効果に重きを置いている商品なのかによって全然違うので、注意!