プロ棋士と対局できる福袋が発売される

プロ棋士と将棋が指せる福袋が発売されます。
近鉄百貨店の福袋の企画で日本将棋連盟のプロ騎士、久保利明王将と将棋が指せる福袋です。

2017年は最年少プロ騎士の藤井聡太四段とその相手役として引退したレジェンド加藤一二三九段(愛称ひふみん)などが将棋界を盛り上げました。

また羽生善治さんが永世7冠を達成したことも大きなニュースでした。
羽生さんはこの素晴らしい業績で、国民栄誉賞の表彰をされる見込みです。

そんな将棋界で近鉄百貨店が企画したのが現役バリバリの久保利明王将と2面指しができるという福袋です。
2面指しというのは久保王将が二人を同時に相手をする将棋の形です。

現役の王将が相手をするのですから数に限りがあるのは当たり前のことですね。
親子ペアで4組8名の限定販売だそうです。

料金は親子ペアで2万180円です。
おそらく応募者多数になるので抽選で選ばれることになりそうです。
応募期間は、20017年12月26日から2018年1月3日までで、抽選で当たれば、対戦は1月20日の予定です。

現役のタイトル保持者の王将と将棋が指せるのも大変な名誉ですが、会場はプロの公式戦が行われる関西将棋会館の「御黒書院」御上段の間です。

めったにに入ることができない場所なので、ここで対局できるのも大きな記念になりそうです。
将棋ファンなら、ぜひトライしてみたいことでしょう。

 

>> ボニックプロの値段