映画「君の名は。」の感想

映画「君の名は。」見終わって、ヒットする理由が分かるなぁ、というのが感想です。

年頃の女の子、男の子が入れ替わってしまう内容なんだなーという程度で映画を見に行ったので、思いもよらない展開に興奮しました。

初めは何となく見に行ったのですが、結局もう一回映画館でみてしまいました。

主人公の男の子が真実を知ったときの衝撃が忘れられません。

(参考サイト)

一緒に映画を見た人から、ご都合主義がすぎる、という風に言われましたが、それがまたよいのです!

現実に辛くて悲しい事なんて山のようにあるのですから、映画くらいご都合主義で、最後にうまいことハッピーになる、って割り切っていいんじゃないですかね(これはネタバレになってるのかな…)

あと、この監督の映画は映像がきれいです。

特に田舎の美しい風景の描写はすばらしいと思いました。

まだ見ていない人はとりあえず見てみてもいいんじゃないかなと思います。

とりあえず見て、私のようにはまってしまう人もいると思いますよ。