電車通勤でできる筋トレ

世の働くお父さんは家族のために一生懸命遅くまで働きます。そんな自分の時間が取れず、疲れ果てて筋トレをする時間がなかなかとれません。そんなお父さん方に送る日頃の通勤電車の中でできる簡単な筋トレを紹介したいと思います。

まずは、通勤カバンです。手に持つタイプのカバンの場合です。ただ持つだけでは筋トレになりませんので、握力計のようにぐっと握って五センチ程持ち上げます。

そうすると、腕の筋トレになります。5分ずつ位左右ですると、程良く筋トレできます。

つぎは、立ち方です。ただ、手摺に掴まりもたれ掛かるだけでは何にも筋トレになりません。足を踏ん張って内腿とおしりの穴をきゅっと締めるようにします。

そうすると、足からおしりにかけて負荷をかけることができます。ついでに腹筋や背筋にも一緒に力を入れておくと、筋肉に負荷をかけれます。

筋トレの道具がないとできない、ジムにいかないと集中できないということはありません。自分で力むということで筋肉を動かすことができます。

なれないと難しい部分もありますが、ただ電車で突っ立っているよりかは、体全身に力をいれることで筋トレ効果を得られます。

じわっと汗もかいてきますので、1度お試し下さい。

ディープチェンジHMB(DCH)には2000mgのHMBが含有されています。1日に必要なHMBは3gといわれています。HMB3gを食べ物からとるにはプロテインなら20杯、鶏肉なら3Kgを食べる必要があり現実的に不可能です。ディープチェンジHMB(DCH)なら2000mgのHMBを摂れるので残り1mgのHMBを食事から摂取すればいいのです。

ディープチェンジHMB(DCH)の効果が凄いと口コミで評判