宅配サービスのデメリットってなに?

宅配サービスのデメリットは、なんと言っても、実際に手元に届くまで実物が確認できないところにあります。
ホームページやカタログで、これは素晴らしいものだと思い注文しても、自宅に届いて箱を開けてみたら、想像していたのと違ったというトラブルも少なくありません。

色は、モニターの調整や、写真の印刷によって変わってしまうこともありますし、サイズも表記があれば数字では理解できるものの、実際に手にした感覚は、品物が届いてからしか実感することはできません。
食品であれば、画像としては閲覧できますが、当然ですが、インターネットやカタログを通じて、においや味を伝達する技術は存在しません。
また、交通事情も絡み、必ずしも約束していた時間に訪問してもらえるとは限らず、前後することを想定して家に居なければならないばかりではなく、どうしても外せないお出かけや、大切な電話の最中などで応対できなかった場合は、翌日以降に配達がずれ込んでしまうこともあります。このようなデメリットを解消してくれるのがわんまいる。毎週決まった時間にとどけてくれますので、ある程度の予定を立てて行動できます。わんまいるの評価にもありますように、宅配サービスの中でも評価が高い店舗なので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?