乾燥肌と敏感肌とセラミド

乾燥肌になってしまう理由として、角質のバリア機能が低下している可能性が考えられます。
角質のバリア機能とは、お肌の1番表面にある角質細胞と言われる角質層は、皮膚に触れるものから体を守り、内部の水分がなくならないように守る働きをしています。これを角質のバリア機能と言っています。

角質層が健康的であれば、肌自身が保湿成分(主にセラミド)を作り出しているため、およそ30%ほどの水分を含んでいます。
しかし乾燥肌になるとこのバリア機能が失われ、外からの刺激も入り込みやすくなり、ちょっとした刺激でも反応してしまいます。これを敏感肌といいます。
つまり乾燥肌の人は敏感肌になりやすいと言うことが言えると言うことです。
敏感肌になってしまうと化粧水が染みてしまったり、上がちょっと触れただけでもかゆくなったりといった症状が起きやすくなります。
本来はお肌の中で作られるセラミド。このセラミドの量が減ると角質層のバリア機能も弱まってしまいます。角質層は何重にも張り巡らされた細胞の層の 1番表面にある層のことをいいます。
この角質細胞を、セラミドなどの角質細胞がつなぎとめていると言うわけです。
角質細胞間脂質は表皮細胞の中で作られいろいろな脂質と混ざり合ってできています。
そのうちの約40%がセラミドだと言われています。
残りの60%の中にはスフィンゴ脂質や遊離脂肪酸といったものが含まれています。
これらの脂質が水等と結合することにより肌の水分量を守りまた外界からの刺激といったものから肌を守るために大変重要な役割をしていると言うことです。
このように幾重にも重なった角質層なのですがそれををつなぎとめるセラミドの量が足りなくなると、水分が不足し肌のバリア機能が弱くなり、外界からの刺激に弱くなってしまいます。つまりセラミドと言うものはお肌を支えさらに水分をキープすると言う肌にとって最も大切なものであるといえます。
しかし、年齢を重ねることによってセラミドの体内生産量は減少してしまうので肌の乾燥は進行しやすくなります。そのため外から必要な水分を補ってあげる必要が出てくるわけです。
お肌に不足した潤いを与えるならナイト美容液ラピエルがいいですよ!!