家庭用脱毛器ってどうなの

脱毛したいけど時間に余裕をつけにくい、近くに信用できる脱毛サロンがない、と言う人が脱毛するには家庭用脱毛器がピッタリ。
ですが家庭用脱毛器にも色々デメリットがあります。

その中でも割りと深刻なのが、肌へのダメージです。
地の肌が黒い人、日焼けしている人、肌が敏感な人は、脱毛効果が実感できるようになる前に、肌の状態が著しく悪化することもあります。
肌の状態は日々の積み重ねで、一度荒れるとケアするのに時間がかかりますし、専門家でないと加減が解りにくいことも多々あります。

肌に関する医療免許を持つクリニックはもちろん、脱毛サロンでも、脱毛を受けた客の肌にトラブルがあって、サロンの評価が悪化すると困るので、ある程度肌についての知識があります。
なのでクリニックやサロンでは、脱毛をすると肌へのダメージが大きそうな人は、脱毛を断られることもあります。
そうでなくても肌のダメージをケアするのに充分な時間を説明して、次の予約日を決めるのですが、家庭用脱毛器だとそうは行きません。

脱毛器の出力の強さも、脱毛器を使う頻度も個人任せ。
脱毛し切る前に肌が荒れに荒れて後悔、と言う人も少なくありません。
家庭用脱毛器を使うなら、自分の肌の状態を見極め、場合によってはわざと出力を抑えたり、説明書に書かれているより頻度を下げたり、肌に異常があったらすぐ医者の診察を受けるなど、慎重に利用しましょう。

http://xn--1ctwoz59ar1k5km.skr.jp/